今あるもので

今あるもので、どうにかなる。そこからリブート。

HumanLibrary (ヒューマンライブラリー)

HumanLibrary 生きている図書館

「本」になってくれるのは 生きているひと

閲覧時間は30分 質疑応答を含みます

閲覧には 入館同意書が必要です

それはとても 大事なこと

「本の役割の人を傷つけるような発言は控えましょう」

 

「本」になってくれるのは 生きているひと

障がい者 セクシャルマイノリティー 薬物依存回復途上者

閲覧は 一冊の本(ひと)に対して 一人から多くて三人まで

「本」を読む(聴く)ことで 比較したり制限したりが

自分自身(本人・お互い)を 尊重するまでに 変化して

やっぱりみんな 自由なんだな と思うのです

動いてよかったなと 思える瞬間なのです

 

ココロのバリアが溶ける?!生きている図書館 ヒューマンライブラリーで本の話を聞いてみよう

 

greenfunding.jp

 

こんなに長いの書いたの久しぶり~(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

最後まで読んでくださって ありがとうございました!